アコムは銀行カードローンの信用保証を行い密接な関係が有ります!

銀行は現在消費者金融が無ければ業務が成り立っていないと言ったら信じますか。逆も言えることですが、両者は現在相互依存関係にあって、どちらが欠けても困ったことになる事になります。例えばアコムの場合には三菱東京UFJ銀行と密接な関係にあります。消費者金融と言えばかつてのサラ金で社会的にも批判を受ける業種でしたし、銀行は全く逆に最も堅い業種だと言われていました。この2つの両極端の業種がなぜ接近することになったのでしょうか。

サラ金はなぜできたのか

かつてお金を借りようと思えば銀行からと言うのが普通でした。しかし銀行と言うのは堅い業種と言うことでお金を貸すときも担保と保証人が無ければ貸してはくれませんでした。そこで頭の良い人がいて銀行から借りてそれをもう少し高い利息を付けて担保や保証人を用意できない人に貸せば、利息の差を利益にできると考えたわけです。そこで始めたのがサラリーマン金融で始めたころは今まで借りられなかった人も借りられるようになって歓迎されることになりました。

サラ金の失敗

しかしサラ金は高い利息のために返済不能になる人も少なくなく、これに対して強引な取り立てを行ったために、自殺者まで出てしまい、サラ金の評価は前記の様に地に落ちました。これがもとになってこの後サラ金は利用者を増やすのに血のにじむような努力をしなければならなくなります。窓口には行きたくなと言う人には自動契約機を作り、店舗自体を改装し、アコムなどではフレンドリーなCMを流したりしてイメージの回復を図り、名称もサラ金を使わず消費者金融と名乗るようになりました。

利用者急増

この努力が実って消費者金融の提供するカードローンの利用者は徐々に増加し、前記のCMを境に大きくイメージを向上させ、業界全体で利用者が急増することになりました。これによって業績も上がり、大手消費者金融は従来から関係のあった裏社会との繋がりも完全に切って上場を果たします。そこで面白くないのが銀行です。本来お金を貸すのは銀行であるべきだと思ってきたのに、消費者金融の利用者が増えていくのは釈然としない訳です。

提携開始

そこで利用者が急増しているカードローンに銀行も参入することを考えます。しかし、銀行は融資をする際担保と保証人を取る方法しか知りません。つまり個人の信用保証のノウハクを持っていなかったわけです。しかもそんなノウハウは一朝一夕に持つことはできませんから銀行は大変困りました。そこで狙ったのが消費者金融の持つ信用保証ノウハウです。この頃になると消費者金融も信頼できるパートナーに成長したため、各銀行はパートナーになる消費者金融を探し提携します。

アコムの場合

アコムの場合には前記の様に三菱東京UFJ銀行から個人の信用保証業務を委託されるところから提携が始まりました。アコム側もそれまでの融資からの利益だけよりも銀行とのお付き合いで収入源が増えることは経営安定のために渡りに船でした。この後貸金業法の改正で消費者金融の経営が傾いても銀行は潰れてもらっては困る為、関係のある消費者金融を自分の子会社にして守ることになります。アコムもこれによって救われた面も否定できません。

閉じる