キャッシングの返済に行き詰ってしまった!アコムの場合の対処法

現在では多くの人がカードローンを利用してキャッシングを行っています。定期収入が有れば返済額によりますが、それ程無理なく返済していけますから大変便利な生活ツールと言っても良いかもしれません。しかし定期収入が無かったり、予想外の出費が有ったような場合には、返済に行き詰ってしまう場合も無いとは言えません。そうなった時に放っておいたりすると差し押さえなどに発展しかねません。例えばアコムの場合どのように対処するべきでしょう。

事前連絡が基本

お金の貸し借りは信用によって成り立っています。したがってたとえ返済できなくても信頼関係を保っておくことは大変重要なことです。このためもし返済に窮しそうな場合には事前にアコムに連絡を入れておくことが最も大切なことになります。もし連絡を入れておかない場合には、電話連絡が来ることになります。いずれにしても連絡が取れた段階でいつまでに入金するという約束をしてその日までに入金すれば大きな問題にはなりません。

入金日が約束できない場合

もしお金が用意できそうになく入金日が約束できないような場合でも、事前に連絡して減額の交渉をしておきましょう。アコムでは一時的に返済額を減額して貰えるようになっていますので、とにかく相談することです。もし減額してもらっても返済が難しい場合には利息のみの入金にしてもらえる場合も有ります。利息はアコムの利益ですから取り敢えず利益が確保できれば良いと言う訳です。ただしこの場合には信用情報に記載が載ります。

無視してはいけない

もし事前連絡もせず、電話連絡も無視していると最初は督促状が送られてきますが、そのうちに回収担当が訪問して来たり、催告書が送られてきたりします。催告書は最後通告でそれも無視すれば差し押さえになる場合も有ります。この場合利用者によっては自分が被害者の様に感じてしまう人がいますが、約束した返済をしなかった自分が悪いと言うことは覚えておきましょう。とにかく無視することは最悪の結果を招いてしまう事に繋がります。

借金を借金で返済するのは止めよう

また返済のために新たに借金をして返済に回す人もいます。しかし、その借金はやはり返済しなければならず、翌月になればまた返済に支障が出る可能性も有ります。返済の見込みが有るのであれば良いのですが、急場しのぎのために返済できるかどうかわからないのに新たな借金を背負うのは問題を先延ばしにして更に大きくしているにすぎません。したがって借金を借金で返済するのは止めておきましょう。多くの多重債務者はこうして出来上がるのです。

債務整理も考えよう

翌月以降も収入が保証できないような状態の場合には、債務整理を考えた方が良い場合も有ります。まずは公的機関で相談して、債務整理を勧められたような場合には弁護士にお願いしましょう。債務整理にも色々な方法が有りますから最も自分に合った方法を選ぶようにしてください。たとえ自己破産と言うことになっても、それはやり直すチャンスと捉えて、以後信用を取り戻せるように生活を立て直して頑張ることが重要になります。

閉じる