在籍確認は困ると言っても通用しない!レイクの審査では必ず行われる

お金の貸し借りで最も重要なのは何でしょうか。それは信用です。自分が誰かにお金を貸すことを考えてみましょう。知り合いで以前にも同じような経験が有れば信用して貸すかもしれませんが、知り合いでも始めて貸すという話になると躊躇してしまうものです。それが赤の他人だったら絶対に貸しませんね。しかし消費者金融の場合、貸さなければ利益が得られませんから、良く調べたうえで貸すことになります。この調べることがすなわち審査と言うことになります。

審査で最も重要な事

審査を行う上で最も重要なことは、申込してくる人が嘘を言っていないかどうかを見極めることです。どんな良い話でも嘘では意味がりません。その中でも最も重要なことは、申込んだ人が本当に本人かどうかということです。このために申し込み時点で本人確認のための書類を提出させる訳です。しかしこれだけではたとえ運転免許証で写真が付いていたとしても最近はインターネットからも申込が出来ますから、確認できたことになりません。

在籍確認とは

そこで行われるのが在籍確認です。在籍確認は通常勤務先に電話をして本当にその人が在籍しているかどうかを確認するものです。書類だけは偽造したとしても勤務先まで用意しようと言う人はそう居ませんので、これによってうそではないということを確認することになります。例えば奥さんが旦那さんの名前を使って申込んでもこの時点で発覚します。もちろん旦那さんが了解していて、旦那さんも調子を合わせてしまえば分かりませんが。

レイクの在籍確認

レイクは以前は消費者金融でしたが現在は新生銀行のカードローンでます。しかし幾ら銀行と言っても多くの人はレイクと言えば消費者金融を連想してしまいますので、利用者によっては職場にレイクから電話が有ったら困ると言う人もいます。レイク側もそういうことは考慮していて、新生銀行を名乗って電話をすることになります。他の金融機関の場合も銀行の場合は銀行名、消費者金融の場合は個人名で掛けてくるのが普通で、周囲に分かってしまうようなことはありません。

正社員以外の扱い

勤務形態には様々な形態が有りますが、在籍確認は基本的には勤務先で行われることになります。したがって派遣社員の場合であれば派遣先の職場に電話が有ります。アルバイトやパートなどの場合でも同じです。在籍確認は本人が不在でも在籍していることが分かれば確認される場合も有ります。逆に言えばどんな勤務形態の人でも在籍が確認されない限り在籍確認は終わりませんので、審査も終わりません。金融機関によっては在籍確認が終わらなければ他の審査も進めないところも有ります。

電話は困ると言う人

中にはどうしても職場への電話は困ると言う人もいますが、なりすましの危険が有る以上在籍確認として職場への電話が出来なければ審査に通るのは難しくなります。それほど心配しなくても周囲に分かるようなことは有りませんので最初に1回だけ職場への電話を受けるようにしましょう。ただし在籍確認ではないですが利用中に返済が遅れたりすると嫌でも職場に電話されますので注意して利用しなければなりません。

閉じる