派遣社員でも派遣先に在籍確認は行われる!レイクの在籍確認方法とは

カードローンを利用している人であればよく知っていると思いますが、カードローンを申込むと審査の一環で行われるのが在籍確認です。具体的には勤務先に電話がかかり、申込書に記載した本人情報に間違いが無いかどうかが確認されます。レイクの場合も例外ではなく、この在籍確認が終わらなければ審査は終了しません。この在籍確認は正社員だろうが派遣社員だろうが区別なく行われます。派遣社員の場合には派遣先に在籍確認するのが普通です。

在籍確認の目的

在籍確認は前記の様に申込書に記載した本人に間違いが無いかを確認するものです。その目的としては、なりすましを防ぐことです。現在でも時々行われることが有るようですが、お金が必要なのに本人はブラックで借入できない場合、他人の名前を騙って借り入れようと言う人がいるのです。こういう場合在籍確認をして実際に借入を申込んだかどうかを確認するわけです。最近では奥さんが旦那さんお名前で申込を行って旦那さんの職場に在籍確認が行われて発覚することも有るようです。

派遣の場合も同じ

派遣の場合には本人の所属する会社としては派遣会社と言うことになりますが、実際に勤務しているのは派遣先ですので基本的には派遣先に在籍確認が行われます。派遣社員だからと言って勤務中に電話を取り次いでもらえないというようなおかしな職場は有りませんから、通常の場合にはこれで十分在籍確認を取ることが出来るわけです。派遣先が特殊な環境で電話に出られないというようなことが有る場合には、申込時に相談しておきましょう。

レイクとは名乗らない

在籍確認の場合、レイク側はレイクとは名乗りません。現在レイクは新生銀行のカードローンの名前になっていますが、未だにレイクを大手消費者金融の一つだと考えている人も多いため、消費者金融を利用していると思われたくない場合も有りますから、レイクの場合は新生銀行を名乗って在籍確認の電話があります。本人が在籍していれば電話はすぐに終わりますので、カードローンの在籍確認だと分かってしまうようなことはまずありません。

在籍確認以外の連絡

在籍確認以外に派遣先に電話が有るのは返済が遅延した時ぐらいしかありません。したがって普通に利用している分には、派遣先にレイクを利用していることが分かってしまうようなことはありません。ただし派遣の場合には派遣先が変わることもありますからその場合にはこまめにレイクのほうに連絡を入れておかなければ万一返済が遅れるようなことが有ると、前の派遣先に電話が行くと言うようなことも考えられますから注意してください。

借入は慎重に

派遣の場合、派遣契約が切れるとそれがそのまま収入の有無に繋がりますので、借入する場合には十分注意が必要です。これが金融機関側の派遣社員への懸念に繋がっていますので評価を落とさないためにも、もし派遣契約が一時的に切れた場合でも返済に支障が出ないように、返済計画は余裕を見て策定する必要が有ります。もうすぐ契約期間が満了することが分かっている場合には再契約が済むか、新たな派遣契約が結ばれてから借入するなど、安全な借り方を考えて利用しましょう。

閉じる