専業主婦でもカードローンの利用が出来る!銀行は意外に狙い目です

現在では法的には男女の雇用は機会均等と言うことになり、実社会でも差は縮む傾向にあります。このため結婚後も仕事を続け、出産しても職場復帰する人が増えていわゆる専業主婦と言われる人たちの数は減少傾向にあるようです。この専業主婦も遊んでいるわけではなくこの長期の不況を乗り切る為家計をやりくりして毎日奮闘しているはずです。しかし時にはやりくりが無理な場合も有り、急場をカードローンの借入で乗り切らなければならない場合も出てきます。

総量規制の導入

このため以前はこのような場合、専業主婦でもカードローンを利用出来ていたのですが、近年行われて貸金業法の改正によって総量規制が導入され借入は原則年収の3分の1までとされたため、収入の無い専業主婦には借りにくい状況になりました。これには専業主婦などが、買い物依存症やパチンコ依存症に陥ってしまうと言う事例が増え社会問題になったことも1つの要因でしたので専業主婦にとっては良い面もありましたが、利用できずに困る人も沢山いました。

抜け道

ただし、この総量規制には抜け道が有ります。例えば50万円以下で他の消費者金融からの借入の合計が100万円以下であれば、収入を証明しなくても借りられますし、旦那さんの承諾が有れば旦那さんの利用額と合算で旦那さんの年収の3分の1までは借りられるというような規定になっています。ただし貸すか貸さないかはそれぞれの消費者金融次第ですので、50万円以下でも収入を証明する必要のある場合もあります。

総量規制が無い金融機関

ところが現実にはこの総量規制を行っていない金融機関は身近にたくさんあります。銀行です。ちょっと変に思う人もいるかもしれませんが、銀行は貸金業法の管理を受けていません。銀行法によって管理されています。このため現在総量規制の規定の無い銀行法の管理下では貸金業法の総量規制を気にする必要はありません。消費者金融がダメなのだから、銀行はもっと駄目だろうと最初から諦めていた皆さん、実は銀行は意外に狙い目なのです。

銀行のカードローン

ただし銀行と言えども定期収入の無い人にそう易々とは融資してくれません。最近の傾向としては100万円までは収入の証明なしで融資すると言うところが多いようです。もちろん総量規制はありませんから、このあたりの規定は銀行によって違っており、場合によっては50万円でも収入の証明を要求される場合も有りますし、逆にもっと大きな額でも収入の証明を要求していない銀行も存在します。まずは近所の銀行を調べてみてください。

返済に十分注意しよう

ただし収入の証明が必要だろうが必要無かろうが、融資を受けたら返済が必要なのは言うまでも有りません。専業主婦の場合には収入は無い訳ですから、どうやって返済していけばよいのか予め良く考えておく必要が有ります。そのためには借りる前には必ず返済計画を立てることが必要です。借入から完済までどのように返済資金を確保するかを決めておきましょう。もし旦那さんの給料を当てにしているのであれば借りる前に旦那さんにも相談しておきましょう。

閉じる