大阪に拠点を置くアルクのような、地域密着型消費者金融の利点

一般企業にも大小があるように、消費者金融にも中小規模の業者があります。このような業者は主に周辺地域の住民を対象とした貸付を行なっており、大手と比べ、審査の柔軟性が高くなっているのが特徴といえるでしょう。

大手スーパーでは各人ごとに値引きをすることができませんが、八百屋のような小売店ではそれが可能です。これと同様に、中小規模の消費者金融では個々の事情に応じた対応を期待することができるため、信用情報機関に事故情報が登録されているなど、大手からの借り入れが難しい利用者にとってとても魅力的なのではないでしょうか。

ただし、その中にはヤミ金融と呼ばれる違法な業者も多く、利用には大きなリスクを伴います。トラブルに巻き込まれないためには、事前の確認が必要となります。

まず登録業者であるか確認をしましょう。貸金業者は貸金業規制法に則った営業を行なわねばならず、登録番号や貸付条件を広告へ掲示する義務があります。疑いを感じたら、所在地を管轄する財務局や都道府県へ問い合わせるとよいでしょう。

また、金利についても法律で定められた上限があります。現在は年率20%までと定められており、これを超えるものは罰則の対象となっています。借り入れの際は必ず確認しましょう。

そしてなにより重要なことは、返済期日を必ず守ることです。

融資を受けるならば当然なのですが、事情により都合がつかない場合もあるでしょう。けれど、中小規模の業者にその甘えは通りません。

なぜなら、規模の小さな営業だからこそ顧客一人ひとりとの取引が大きな比重を占めるものであるためです。貸したお金が未回収となるのを防ぐため、あらゆるな方法がとられることでしょう。全ての業者にあてはまるわけではありませんが、中には法律に触れるギリギリというような督促行為を行なう業者がいることも確認されています。

緩い条件で借り入れできる反面、約束が守られなかった場合のペナルティが厳しいものであることも、地域密着型消費者金融の特徴であるといえるでしょう。

閉じる