学生でもアコムは融資する!ただし貸出限度額一杯と言うのは無理

以前は街を歩けば学生ローンという看板を良く見かけたものでした。学費や生活費、あるいは卒業旅行などに利用した人も多いでしょう。この学生向けローンは消費者金融の一つのカテゴリーになっていたと言って良いでしょう。しかし現在では実際に歩いてみれば分かりますが、そんな看板はまず見当たりません。カテゴリー自体が無くなってしまったわけです。ただし学生には貸さないのかと言うとそうではありません。アコムでも特に差別されることはないのです。

学生ローンが消えた理由

このように一世を風靡した学生ローンが消えてしまったことには理由が有ります。それは貸金業法の改正です。この改正では総量規制と言うものが行われることになりました。つまり融資は基本的には年収の3分の1までという規制です。勉学優先である学生は通常収入が無いか極少額であるため、消費者金融にとってはあまり魅力のある客層ではなくなってしまったわけです。ただし現在でもごく少数の消費者金融では学生ローンを用意しているところはあります。

アコムの場合

アコムの場合も学生を特に外しているわけではなく、アルバイトなどで収入が有る学生の場合には融資の対象にしています。要するに学生とかそう言う括りで差別的な待遇をするのではなくて、収入さえあればお貸ししますというスタンスです。ほかの消費者金融でも学生お断りとしているようなところは少数で、収入と言う条件を満たせば融資してくれるようです。収入は無いが旅行に行くから借入して以後は親からの仕送りで返済しようと言うような利用はできなくなった訳です。

年齢制限が有る

ただし学生と言っても年齢制限は一般と同じように適用されますから、アコムの場合であれば20歳以上でなければ借入はできません。したがって通常であれば大学3年以降ぐらいでなければならない訳です。浪人でもしていれば別ですが高校生や短大生の場合には年齢的に考えて融資の申込すらできないということになります。もし短大生で卒業旅行に行くのでお金が必要と言う事であれば、最後のすねかじりで親に相談してみてください。

限度額はいくらか

アコムの場合貸出限度額は500万円になっていますが、勿論利用者によって利用限度額は変ってきます。しかも前記の総量規制により年収の3分の1までしか借入はできませんから、500万円当てにしているような場合少なくとも1500万円の収入が必要と言うことです。学生のアルバイト収入では500万円どころか50万円も難しいでしょう。しかもアルバイトですから信用力も無いので実際には非常に小額になる筈です。

借入しないのが基本

学生は前記の様に勉学が本分ですので、基本的には融資を受けたりしないことが普通の考え方です。アルバイトを行うにしてもそうしなければ生活が維持していけない場合に限るようにして、出来るだけ時間を自分の研究に費やすようにするべきです。学生の時から借金漬けでは卒業してからも返済が残って生活が縛られてしまう事になりかねません。就職したら自分の稼いだお金でやりたいことをやればよいのです。それまでは辛抱も必要ではないでしょうか。

閉じる