ソニー銀行のようなネットバンクでも海外キャッシングが利用できる!

新たな銀行として2000年に最初のインターネット専業銀行が開業以降、ずいぶんとネットバンクが普及してきました。これらはインターネットに特化した銀行で、店舗をかまえず電話やインターネットで取引を行なうため人件費等のコストが安く済む分、利用者は手数料や金利の面でお得に利用できるというものです。

このようなネットバンクの中にはクレジットカードの発行を行なっている場合があります。たとえばソニー銀行ではソニーカードを発行しており、ソニーストアで優遇されるなどの特典やサービスを用意していました。

このカードには海外キャッシング機能がついており、海外旅行先で現金が必要となった場合は両替の手間なく現地通貨を手にすることができるほかにも、米ドルと円の支払に対してどちらもそのままの通貨で決済できるといった機能を付けることもできるスグレモノです。

現在では新規申込みが終了しているのが残念ですが、他のネットバンクにおいても、その利点を活かしたカードが発行されています。国内でのキャッシングに対応したものも多く、都銀と同等の利用を行なうことが可能になりました。

その他のサービスにおいても、従来の銀行とネットバンクの差は少なくなってきています。たとえばキャッシングを利用する際の利息も消費者金融と同程度であり、借り入れたお金はそのまま保有口座へ振り込まれることから、引き出す際にあらためて何か手間をかけなければならないということもありません。

また、手数料のお得さを売りとしているネットバンクもあります。振込の回数ごとに手数料負担が変わるというもので、効果的に利用することで手数料の軽減に役立つことでしょう。

新しいものを取り入れ、賢く利用することが家計の負担を減らすことに貢献するかもしれませんね。

閉じる