海外での現地通貨の調達方法?両替よりキャッシングの方が得な場合も

現在では仕事や旅行先に海外を選ぶことも特に珍しいことではありません。日本もそうですが欧米など先進国や新興国に行く場合には旅行ルートの殆どではクレジットカードが使えますから、昔ほど現金を持ち歩くことも無く、便利に旅行できるようになりました。しかしこういった国でも、場合によっては現地通貨の現金が必要になる事が有り、日本円しか持っていないような場合には、現地通貨の調達を行わなければならない事態になる事も有ります。

両替すれば良いか

海外で現地通貨を調達する場合には手持ちの日本円を空港や銀行、ホテルなどで両替するのが普通だと考える人が殆どです。日本円は国際的に通用するハードカレンシーですから韓国ウォンなどのローカルカレンシーと違ってほぼどこでも両替が出来ます。ですから気軽に両替してしまうのですが、実はこの両替が非常に手数料が高いことはあまり気にしていない人が多いのが現実です。何気なく利用してしまいがちですが、損をしている自覚を持ちましょう。

キャッシングを利用する

もう一つ現地通貨を調達する方法としてクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法が有ります。多くの人は日本国内ではカードローンなどに比べて利息が高く設定されているため、あまり利用しない方が良いと考えていますから、海外でも同じ感覚でいる人が多いようです。確かに金利は高いのですが、利息は金利だけで決まる訳ではありません。金利と借入期間によって計算されます。旅行と言う短期間の借入であれば、帰国してすぐに返済すればそれ程の利息にはなりません。

どちらが得か

さてこの2つを比較してどちらが得になるでしょうか。もちろん両替だろうと言う人は認識不足です。借入期間にもよりますが短期間の場合には両替の手数料よりも利息を払ってもキャッシングの方が得になります。それほど両替手数料は馬鹿高い金額なのです。したがって旅行中は現地通貨が必要になった場合には基本的にはクレジットカードのキャッシングを利用して、帰国後すぐに返済するようにするのが最も得であるとの認識を持つようにしてください。

返済日を待ってはいけない

注意が必要なのは返済日です。帰国後すぐに返済せず返済日まで返済しない場合には、借入期間が長くなりますから、その間に掛かる利息は高くなってしまいます。こうなると、現地で両替した場合の手数料を超えてしまう可能性が高くなるため、かえって損をすることになります。海外旅行に行く際には、事前に中途で返済する方法を確認しておき帰国後空港ですぐに返済してしまう事を勧めます。これがもっともお得な利用方法です。

キャッシング枠を増額してもらう

多くのクレジットカード会社では海外に行く場合、クレジットカードのキャッシング枠の増額について相談にのってくれます。そこでこれから海外に行こうと言う場合、利用しているクレジットカード会社に相談しておきましょう。ただしクレジットカードのキャッシング枠の利用は両替に比べて相対的に得だと言うだけで、金利は日本国内と同じように高い訳ですから、利用しすぎには注意する必要が有ることは言うまでも有りません。

閉じる