未収利息に注意せよ!融資の返済をしているのに元金が減っていかない

住宅ローン等で融資を利用する場合、どのように返済していけば良いのかいろいろと勉強する必要が出てきて、面倒な思いをした人も多いでしょう。まず決めなければならなのは、変動金利のものにするか固定金利のものにするかです。固定金利にすれば将来にわたって金利が動きませんから、返済計画は立てやすいですが、将来金利が下がった場合には損をすることになるので、変動金利を選択する人も大勢います。どちらにするか決まったら次は返済方法を決めます。

元利均等返済型

そこで多くの人が選ぶのが月々の返済が一定額になる、元利均等返済型です。これは元金と利息の合計が一定ですから、大変返しやすい方法です。この他には例えば元金均等返済型などが有ります。元利均等返済型の場合、最初は大きな金額ですから、返済額の大部分が利息分と言うことになり、長い期間をかけて徐々に元金が減っていき、利息分が少なくなっていきます。こう話すと一見問題が無いように見えますが、変動金利の場合問題が発生する事が有ります。

未収利息とは

現在は景気が低迷していて金融緩和が行われ利息は非常に低い状態ですが、景気が回復してくれば、金融緩和から金融引締めに向かい金利が上昇することになります。変動金利の場合、これに合わせて住宅ローンの金利も見直されるため、返済途中で利息が上がってしまう可能性が有ります。もし急激に利息が上がってしまうと月々の返済額内に収まらなくなることが有ります。これが未収利息と呼ばれるもので、返済に当たっては大変大きな問題になります。

翌月の返済はどうなるか

未収利息が発生した場合、この未収利息分には利息はかかりませんが、翌月の返済では未収利息分が優先され、これに利息分、元金分と言う順で加算されて返済することになります。ただし金利の見直しは一定期間ごとに行われるため、一度未収利息が発生するようになってしまうと少なくとも次の見直しまで、ずっと未収利息が発生し、その間元金が減らずに、利息もずっと変わらず返済額が膨らんでいくことになります。利用者にとっては非常に怖い状態です。

どうすれば良いか

ではどうすれば良いのでしょうか。まず一定期間ごとの見直しの際に、金融機関と返済額について見直すことが出来ます。ここで返済額を大きくすれば未収利息の発生は防げます。金融機関によっては一定期間を待たずに見直しに応じてくれる場合も有ります。もう一つの方法は繰り上げ返済を利用する事です。繰り上げ返済で元金を減らすことが出来れば月々の返済額を増やさなくても、未収利息の発生を防ぐことが出来るでしょう。いずれにしてもお金がかかります。

何が問題だったのか

では未収利息が発生してしまったのは何が問題だったのでしょうか。それは最初に変動金利を選んだことです。変動金利は将来金利の低下が予想される場合には良いですが、景気の上昇局面で将来金利が上がることが予想される場合にはたとえ選択する時点で固定金利よりも低かったとしても選択してはいけません。安易な選択が利息の上昇を招き、未収利息を発生させてしまうです。したがって大きなローンの融資を利用する場合には良く勉強してからにして下さい。

閉じる