複数の融資を抱え返済が苦しい!銀行でおまとめローンを利用しよう

カードローンを利用した融資では徐々に借入額が増える傾向が出て来る人がいます。多くの場合はそれでも理性が働いて利用を抑制するようになりますが、一部の人は利用限度額いっぱいまで利用してしまう場合も有ります。しかもその時点でも更に借入を増やさないとやっていけなくなる人もいて、そういう場合利用限度額を増額して貰えれば良いですが、下手をすると他の金融機関からも借り入れてしまいます。このような時に頼りになるのが銀行のおまとめローンです。

借入を続けるとどうなるか

もし抑制が効かなくなって、次々に借入先を増やしていくことを考えてみてください。多くのカードローンの場合、返済はリボルビング払いで行いますから、借入先が1件であれば借入額が利用限度額に達したとしても、月々の返済額は変わりません。しかし借入先が複数になると、それぞれがリボルビング払いで一定額だったとしても、それが足されることになって月々の返済額は借入先の件数が増えれば非常に大きな金額になってしまいます。

借入にも限度が有る

それでも永遠に新たな借入先が見つかるのであれば、利用額はどんどん大きくしていけますますが、勿論そんなことはできません。しかし問題は借り入れが増えていけば新たな借入先の審査は難しくなっていき、年収の3分の1近くになれば、もはや貸してくれる金融機関は闇金しかなくなってしまうことです。ここまで行くととても返済できる見込みは無くなり、自己破産するしか方法が無くなってしまうのが普通です。多重債務者になるとこのような状態で破綻するわけです。

おまとめローンとは

そういう人を救済するために用意されたのが銀行のおまとめローンです。仕掛けはこのおまとめローンを利用して融資を受け、他の借入をすべて返済し、月々の返済はおまとめローンの1件になるというわけです。1件ですから大きな金額のリボルビング払いのローンと言うことになって返済は長期に渡りますが月々の返済額は返済できる範囲内に収まると言うことになります。もし現在多くの融資の返済をしているのであれば一度おまとめローンの利用を考えてみましょう。

まずは銀行に相談

そこでまずは一度銀行で相談してみてください。おまとめローンの申込方法は銀行によって違いインターネットから申込が出来るところも有れば店舗に行かなければならない場合も有ります。インターネットを利用するのは楽ですが、現在の状況に至った経緯なども話して、相談にのってもらった方が良いと思いますので、まずは店舗に行って相談してみた方が良いでしょう。ケースによっては利用出来ない場合も有るので、そのあたりも確認してください。

同じような状態にならない様にしよう

1件に纏めたからと言って安心してしまってはいけません。まずはそれ以上の融資を必要としないように注意が必要です。たとえば生活レベルを維持するために月々借り入れをしなければならないとしたらその生活レベルはそもそも自分には合っていないことを悟るべきです。収入に合わせてレベルを見直すことが必要でしょう。また趣味やレジャーに多額のお金を使っているのであれば、返済が終了するまでは封印してしまいましょう。まずは借入を続けた原因を調べてください。

閉じる